セントジョーンズワート

セントジョーンズワートに関するサイト内の検索はコチラから

セントジョーンズワートとは

セントジョーンズワートとは、和名でセイヨウオトギリソウとも呼ばれる植物です。

 

セントジョーンズワートはハーブとして主に使用されていました。

 

セントジョーンズワートは多年草のであり、主に亜熱帯地域で生息するオトギリソウ属の一種です。

 

セントジョーンズワートは古くから医療目的として使用されてきたことで知られており、

 

消毒剤として、妊娠中絶の薬として、また炎症を抑えるためなどといった効能があると伝えられてきました。

 

現在では、うつ病への対策として利用されています。

 

日本において、セントジョーンズワートはその抽出した成分を薬局などで買うことができます。

 

そして、食品として扱われており、ハーブとしても販売されています。

 

ただし、その効能についてはまだはっきりしない点が見受けられ、

 

さらにセントジョーンズワートの成分は市場に出回る多くの薬物に関して相互作用が存在することから、

 

使用に関しては注意が必要であると懸念の声が挙がっています。

 

そのため、セントジョーンズワートを使用するにあたっては個人のレベルでも細心の注意が必要であると言えそうです。

 

また、摂取にあたって副作用も複数確認されていることも知っておきたいことです。